カキを食べて胃腸炎になり当院を受診した方の月別発生件数

  • 2018.04.12 Thursday
  • 16:48

カキを食べて胃腸炎になり当院を受診した方の月別発生件数を調べてみました。

 

期間は2016年4月から2018年3月までの2年間です。

 

12月1名、1月6名、2月8名、3月8名、4月1名、5月1名でした。

 

それ以外の月は発生しておりませんでした。やはり人で流行した後、下水から海水に流れこみ、それを人が食べて発症しているようです。自分のイメージでは二枚貝(カキ)から人に感染して、そこから人の間で流行するものと思っていましたが、間違いであったようです。たしかにノロウイルスは人の腸の細胞でしか増殖することができないため、人が主な感染源であることは正しいと思います。たまたまカキが海水中のノロウイルスを他の海水中のミネラルなどと同じように濃縮して腸内に蓄えていた(二枚貝には感染しているわけではありません)ものを人間が食べて感染してしまうといったことのようです。ちなみに二枚貝のなかではカキよりもシジミやホタテのほうがノロウイルスを多く蓄えているのですが、シジミは加熱以外では食べないし、ホタテは貝柱以外は生で食べないため、これらであたることは多くなく、内臓も含めてすべてを食べるカキで当たりやすくなっています。

コメント
コメントする