突然の嘔吐、下痢、発熱

  • 2018.03.31 Saturday
  • 16:47

最近突然の嘔吐、下痢、発熱で受診される方が数名続きました。

冬の前半に流行していたノロウイルス性胃腸炎っぽい症状でした。

全員が2~3日以内に生カキを食べていました。

 

ノロウイルス性胃腸炎の流行が収まったこの時期に、生カキを食べてノロウイルス性胃腸炎に罹る方が本当にいるのかどうか気になり調べてみました。

ノロウイルスは人の腸粘膜でしか増殖できないため、基本的には人から人に感染します。

その流行期間は11月から2月の間です。便から排泄されたノロウイルスは下水にから海水に流れ込みます。

カキはそのウイルスを濃縮して体内に貯め込みます。そのカキを食べた方がノロウイルス性胃腸炎にかかると考えられています。

この考えが正しいかどうか気になりさらに調べてみましたところ、養殖カキに対するノロウイルス感染率を調べた仙台市のデータが見つかりました。

それによるとノロウイルスは12月までは検出されず、1月から検出され始めて3月にピークを迎えています。

人で流行したあと、カキからノロウイルスが検出されるという順番は正しいようです。

1月以降の生カキには注意しましょう。

ちなみに浅瀬にいる真カキからは感染しますが深いところにいる岩カキからは感染しません。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM