インフルエンザワクチンの効果(2019年12月)

  • 2019.12.28 Saturday
  • 06:50

 インフルエンザワクチンの効果について検証しました。期間は2019年12月1日から12月28日までです。インフルエンザ症状を訴え来院し、迅速検査を受けられた方は158名でした。ワクチン接種の有無によりインフルエンザに罹患した方の数を以下に示します。

ワクチン未接種 ワクチン接種済
インフルエンザ陽性 61名 21名 82名
インフルエンザ陰性 42名 34名 76名
103名 55名 158名

 

Test negative法によりワクチンの効果を計算しましたところ、Vaccine effectiveness(VE)は57.5%%でした。

昨年の同時期と比べインフルエンザ陽性の方は3.4倍(今年82名/昨年24名)と大幅に増加しています。

 

ワクチンは昨年に比べはるかに高い効果を示していることが確認されました。(昨年のV.E.はマイナス33.8%)

V.E.が57.5%とは「ワクチンを接種せずにインフルエンザに罹った方100名が、仮にワクチンを接種していれば57.5%(57〜58人)が罹らずに済んだ」ということになります。

昨年と比べワクチンが高い効果を示したのは、今年度はワクチンが効きやすいタイプ(AH3pdm09)が流行しているためだと考えられます。(昨年度はワクチンが効きにくいA香港型が流行していました。)

 

 年末年始で人の動きが活発になったあと、年が明けて、仕事、学校が再開されるとインフルエンザは本格的な流行期に入ります。

今シーズンは大流行が予想されています。ワクチンを接種されなかった方は厳重に、接種された方も油断せず、手洗い、うがい、鼻うがいを行って予防してゆきましょう。

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM