インフルエンザ薬の選択

  • 2019.01.21 Monday
  • 06:47
薬なし タミフル リレンザ イナビル ゾフルーザ
有熱期間 3~4日 1~2日 1~2日 1~2日 1~2日
服用法 内服5日 吸入5日 吸入1回 内服1回
副作用 下痢、嘔気 下痢、嘔気 下痢、嘔気 下痢、嘔気
薬価 2720円 2942円 4278円

4879円

~9578円

ウイルス排泄

抑制効果

なし なし なし あり

 

現在このような治療薬があります。ゾフルーザのメリットは吸入できない方(喘息の方など)に使用可能、また

ウイルスを排泄しにくくするため、周囲に乳幼児、高齢者、受験生などがいる場合にも有効かもしれません。

内服した直後に嘔吐することがあるため、嘔吐しやすい方、嘔気がある方は避けたほうが無難でしょう。

デメリットは値段の高さ(体重が80kgを超えると薬価が9578円となります)です。また今後大規模に使用した場合にどのような副作用がでるか不明な点です。さらに薬が効かない耐性ウイルスが出現する確率が高い点です。

有熱期間も従来の治療薬とそれほど変わらないようです。インフルエンザにかかったからすぐにゾフルーザではなく、ご本人の状態、

周囲の状況、コストの点から治療薬の選択を行う必要があります。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM