腹部膨満その3

  • 2018.07.19 Thursday
  • 20:31

腹部膨満感が出現するタイミングについてまとまてみました。/後16名(平均年齢34.6歳)、▲好肇譽校(職場、学校、テスト

人ごみなど)10名(平均年齢22.3歳、8割が10代)、K性的8名、ど毀20名でした。食後の膨満感の原因に小腸内細菌異常増殖症(SIBO)が含まれていると考えます。またFODMAPが有効であった4名のなかで3名が食後の防満感を訴えるかた方でした。反対にFODMAPが無効であった4名中食後の防満感を訴えていた方は1名でした。FODMAPは食後の膨満感を訴える方に効果が期待できそうです。ストレス時に膨満感を訴えるのは圧倒的に若い方でした。ストレスによる腸の調整機能障害が原因と思われます。K性的、ど毀世諒はそれぞれ事情が異なっていました。内服薬(抗不安薬、ピル、頻尿治療薬、糖尿病治療薬、アレルギー薬、逆流性食道炎治療薬など)が原因と思われる方が多く見られました。可能な場合に中止してみたとこと症状の改善を認めました。耳鳴りの薬(イソバイドシロップ)服用後から膨満感を自覚された方が2名おられました。理屈的には起こらないと思われましたが、2名続いたこともあり関連性を検討してみたところ、シロップにソルビトール、サッカリン、乳酸(FODMAPに含まれる成分)が含まれていることがわかりました。これが原因であった可能性が高いと思いました。それ以外にはまたピロリ菌感染による慢性胃炎の方では除菌治療により膨満感が改善したこともありました。健康食品(オリゴ糖入り)開始にて膨満感がでることもありました。

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM