インフルエンザが猛威をふるっています

  • 2018.01.13 Saturday
  • 16:12

たてクリニック

 

インフルエンザワクチンの効果が気になるところです。

どこよりも早く今シーズン最初の1か月間の効果について当院のデータをもとにご報告いたします。

期間は2017年12月15日から2018年1月15日の1か月。
インフルエンザ症状を訴え来院し、インフルエンザ迅速検査を受けられた方113名。

インフルエンザと確定した方58名(このうちワクチン接種済みの方14名、接種していない方44名)、

検査で陰性であった方55名(このうちインフルエンザ接種済みの方21名、接種していない方34名)でした。

Test negative法によりワクチンの効果を計算したところ、オッズ比0.515、Vaccine Effectiveness(VE)=48.5%でした。VEが50%あり、ワクチンの効果はありと判断します。

現場でもワクチン接種済みの方は罹りにくいか、罹っても軽くすんでいることを実感しております。

 

皆様のクリニックではいかがでしょうか。

 

ことしは昨年と違いワクチンの効果が高いとされるAH1pdm型とB型が流行してるためワクチンの効果が高いと思われます。

今後AH3亜型(A香港型、ワクチンが効きにくいタイプ)の割合が増えるとワクチン効果はさがるかもしれません。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM