新型コロナウイルス感染症

  • 2020.02.27 Thursday
  • 23:15

 新型コロナウイルス感染者数の増大とともに、感染経路が特定できないケースが増えてきています。また無症状の感染者も確認されており、今後新型コロナウイルスは身近にある感染症として誰もが感染のリスクに曝される状況になってきています。「かぜ」症状で診療所を受診される方の中にも、新型コロナウイルス感染症の方が紛れ込んでいる事を前提とした対応が必要となってきます。 

 その中で「重症例を見逃さない診療」すなわち「コロナウイルス性肺炎」にかかっているかどうかの見極めが特に重要となります。感染症学会から公表されている論文2編とその他の症例報告を参照し、12例の「コロナウイルス性肺炎」について分析しその特徴を以下にまとめてみました。

ヽ院熱といった「かぜ」症状以外に筋肉痛、呼吸苦の症状を伴うことが多い、

呼吸回数が1分間あたり20〜30回と通常より多くなっている、

G抉蠅任△辰討眥或粘錣埜撞朮擦琉枉錣聴取できない場合が多い(80%以上)、

ざ刺凜譽鵐肇殴鵑任藁沼Σ芝挂遒某蚕甕董△垢螢ラス影を示す場合が多い(通常のウイルス性肺炎と似ている)、

シ豈娶〆困任惑魴豕紊論犠鑒楼呂任△襪箸海多い。

 

 胸部レントゲンで肺炎像が確認できなくても、その他の症状が当てはまるなら「コロナウイルス性肺炎」を疑い専門医療機関への転院を検討する必要があります。(SARSでは肺炎に対する胸部レントゲン写真の感度は60%前後と偽陰性になる可能性がかなり高いことをがわかっています)

 

 医療従事者やかぜ症状以外での受診者に対する安全確保も重要な課題であると考えています。こまめな換気、塩素系空気清浄機の活用、アルコール消毒による環境整備、動線の異なった待合室の確保など取り組めるところから実施しております。

 

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM